Home > Archives > 2009-04

2009-04

琴ヶ浜で泳ぎました!

本日は快晴!

今日は、いつもの仲間と、真鶴半島にある琴ヶ浜という海で遊びました。

ここ琴ヶ浜は、周囲の海が荒れている日でも比較的波の影響を受けにくく、穏やかな表情を見せることが多く、今日もべた凪のプール状態です。 潜るだけではなく、横に泳ぐのも楽しい予感がします。

そして、溶岩で出来上がっているエントリー場所を裸足で歩く感触も、ここ真鶴ならではです。 快晴となり、ここまでは良いことずくめでしたが、肝心の水中は、海草の溶解が激しく、やや濁り気味で、視界 2m といった感じ。 しかし、泳ぐだけなら全然問題ありません!(ちょっと強がる)

水温の方は 17度と、最初は体も驚きますが、一度ウエットスーツの中に海水を流し込み慣れてくれば 1、2 時間は遊べます。 泳いで体を暖め、暖まったところで、息を整え潜って遊ぶ、体が冷えたら泳いで暖め…これを繰り返し、体力作りを兼ねるつもりで、春の海を十分堪能させていただきました。

その後も昼食を摂りながら、いままでの経験談や、今後の話などで盛り上がり、楽しい時間は昼過ぎまで続きました。 皆さん、今日もありがとうございました!(感謝!)

PUMA(プーマ) RS100 インジェクスの履き心地

crocs 以降、ひとカテゴリーを築いた感のあるインジェクション EVA シューズ。 以前から興味はあったんですが、なんだか今更感があり、ひとつ乗り切れないままでいました。 しかし、このタイミングに、たまたま気になる靴を発見! 特に色合いが気に入り、即購入! それが、PUMA(プーマ) RS100 インジェクス

履いてみるとこれがなかなかクッション性に富、感じとして、かなり優しい履き心地です。 インジェクション EVA シューズ未経験の自分には想像以上の気持ちよさでした。 特に裸足での着用がお奨めです。

また、サイズは特に癖もなく、通常通りのサイズ選択がお奨めです。 参考までに、普段ナイキのシューズを選ぶ際、28cm を選択する自分ですが、こちらではちょっと大きすぎたため、27cm を購入しました。

このモデルは、プーマが代表する 80′s ミッドテクランニングの名機「RS100」の EVA 版にあたるそうですが、個人的には、これからのシーズンに備え、水陸両用の万能シューズとして活用しようと思っています。

#明日は久しぶりの真鶴だ!

御蔵島でのドルフィンスイム

御蔵島の風景この話は、2008 年秋にエントリーした、いつもの素潜り仲間と御蔵島へ行ったときの話を改めてまとめた話です。

御蔵島とは、伊豆諸島の三宅島と八丈島との間にある島で、周辺の海域には野生のイルカが生息しているという、非常に珍しい場所で、90% 以上の確率で野生のイルカと泳ぐことができるという、非常に珍しい場所です。

兼ねてからイルカと一緒に泳いでみたかったという希望もあり、台風が急接近中にも関わらず、4 日間の強行軍を強いて、御蔵島へのイルカと泳ぐツアーを敢行しました。

御蔵島道中交通手段は予算の都合上竹芝発のフェリーに決定。
御蔵島の港は、高波を緩和する堤防設備が無いため、ダイレクトに波を受けてしまうそうで、接岸率が低いようです。
実は、知人夫婦も島を目前に、天候不良が原因で、接岸率できずに東京へ引き返したという話もあります。
そんな状況の中、当日は台風の接近に伴い条件付出航(接岸できない場合を承知の上での乗船)ということで、約 7 時間半を掛けて御蔵島へ向かいました。
状況的には最悪でしたが、実際には、嵐の前の静けさ的な雰囲気に救われ、無事上陸することが出来ました。
上陸時間は早朝 6 時です。

宿泊先は、御蔵島で唯一個室宿泊が可能な御蔵荘です。
到着早々、事前に予約をしていた地元の漁師さんへコンタクトを取り、早速船を出してもらえないかと交渉。
本来、午後から依頼していたのですが、台風の影響が大きく出てくる前に泳ぎたいという旨を伝えたところ、漁師さんは快諾してくれました。
良かった良かった。
午前 9 時には全員ウエットスーツ装着。

イルカと泳ぐため、漁船で海へと出発しました。

漁船には船長 1 名と我々 6 名の計 7 名での出港です。

御蔵島の海の色出航後、幸いにも晴れ間も出てきました。
海の色は湘南の海では見られない程の深い青です。
#漢字で書くと、碧(あお)の方が相応しい色かもしれません。
もし、イルカがいなくてもこの海で遊べるなら満足かなーなんて思っていると、目の前で背びれを出しては沈め、出しては沈めと泳いでいるイルカの集団を発見!



イルカの背びれこうなると上がります。
全員揃って雄叫びを上げるほどのハイテンションです。
船長の合図を待って、一斉に海に飛び込みます。
水面下を見ると大小併せて 10 頭程のイルカが群れをなして泳いでいます。




イルカの群れこちらも近づこう水深を取ると、向こうの何頭かがこちらに気付き、こちらへ泳ぎ寄ってきます。
全長 2 メートル以上はある、とても大きな体です。
大小入り交じったイルカたちが自分の回りを取り囲んで泳いでいます。
そこで一緒に泳いでいると、イルカと目が合いました。



イルカと目が合う感動です。

最初のうちは彼らのディテールまでは観察するほど余裕はありませんでしたが、徐々に慣れてくると、彼らの体についた傷に気付きます。
そこからは、今まで水族館では見たことのない、野生の生々しさを感じました。
そんな発見の連続と、時にイルカと気持ちがリンクした気になったりと、凄くハッピーな気分になれました。
#気持ち良かったので、最後は例によって海パンでアタック。
…30 分後。
船長の合図で、港へ引き上げることになり戻りました。
正味 1 時間でしたが、凄く有意義な体験ができました。
その翌日以降も、同じ漁師さんにお願いし、数回にわたりイルカと泳ぐことが出来ました。

もちろん、台風の影響を受け、海は大時化でしたが…。
それも良い思い出になりました。

伊勢エビの盛り合わせまた、最終日前夜には連日お世話になった漁師さんに伊勢エビの差し入れをいただき、宿の料理長へお願いし、美味しくいただきました。
船長!台風の中、無理を言ってまで船を出していただき、本当にありがとうございました。

おまけに取れたての伊勢エビまでいただけて…本当、感謝です!

#今年は、海パンで気持ち良く泳げる時期までに行きたいですね。

Nike+ iPod Watch Remote 購入レポート

nike_remort子供の頃から実現してみたいと思っていた、フルマラソン完走。
これを実現したいと思い、昨年の秋からジョギングを継続。
始めた当初は、必ず膝が痛くなっていましたが、約半年経過した今では、全く痛みを伴わなくなりました。
どうやら、膝の筋肉が出来上がってきている証拠とのこと。
嬉しいですね。

それに伴い、少しずつですが、走行距離も伸ばせています。
こうやって、実感できることが表れると、より走ることが楽しくなってきます。
もちろん、以前このブログ上でも触れた、Nike+ に関しても、始めた当初同様、かなりのモチベーションアップに貢献してくれています。

さて、今日はその Nike+ でのジョギングを、より楽しくしてくれるアイテムをご紹介します。
現在、Nike+ では第二世代の iPod nano を利用しています。 その iPod nano を手元で操作するためのリモコンが、「Nike+ iPod Watch Remote」です。
値段は 7,800 円、腕時計に iPon のリモコンが付いたものです。
以前販売中止となっていた Nike+ SportBand のリメイク版となるこの商品、発売を待っていた方は多かったのではないでしょうか。

こちらは、もともと Nike+ のワークアウト中の操作を手元で完結できるアイテムなのですが、実際に使ってみると、 Nike+ のメニュー以外でも、iPod 上の音楽を聴くための操作が出来たりしますので、サイクリング中などでも、重宝しています。

導入以前は、ポケットから iPod を取り出すのが面倒で、走行中の操作は、我慢をする場面も多々ありましたが、導入後は、そういった煩わしさから一切解放され、走ることに集中が出来で、以前より気持ちよく走ることが出来ています。
以下の操作がこちらを使って操作可能となります。

  • 再生
  • 停止
  • 一時停止
  • 曲の早送り
  • 曲の巻戻し
  • ワークアウトの開始
  • ワークアウトの一時停止
  • ワークアウトの完了
  • ワークアウトの現在の状況確認
    ※音声アナウンスされます。

ちなみに、Nike+ を立ち上げた状態に限り、2 世代目の iPod Touch でも使用出来ました。

様々なアイテムの力を借りつつ、秋のフルマラソン完走を目標に励んでいます。

最後に、今日は、凄く良い天気だったので海岸線を走破後、そのまま海に飛び込みクールダウン。
海岸線ならではです。 最高に気持ちが良かった〜

Home > Archives > 2009-04

Search
Ad
Others


Feeds
Meta

最上部へもどる