Home > ボディーサーフィン | 旅行 | 素潜り > ボディーサーフィン楽しいかも!

ボディーサーフィン楽しいかも!

入田浜昨日、伊豆へダイブトリップした話になります。

いつもの仲間と伊豆まで足を伸ばし、ボディーサーフィンをやってみました。
サーファーであれば、結構ご存じの方が多いと思いますが、ボディーサーフィンとは、ボードを使わず、自分の体をだけを使った波乗り遊びです。
まずはどんなものか、外国の方の華麗なる!?ライディングを見てみましょう!

おお〜乗ってる乗ってる。 う〜ん、格好良い。

見ての通り、小さな足ヒレを履くだけと、スタイルは実にシンプル。
個人的に気になったのが、ヘッドギア!?
何故か上手な人たちは色とりどりのヘッドギア!?を着用してます。
きっと、このカルチャーの中での、数少ないファッションポイントなのでしょうかね?
それとも、海で視認しやすくするための工夫なんでしょうか? いずれにしても、何故か微妙に哀愁を感じてしまいます。 #オリジナルヘッドギアを自作してみようかな。

普通にボディーサーフィンだけなら湘南の海でも良かったのですが、今回は素潜りもしたかったので、透明度も高い、伊豆の白浜へ向かいました。 しかし、平日にも関わらず人が多かった為、入田浜へ変更しました。
入田浜は、海から道路が見えない立地のため、ロケーションが非常に良い場所です。 そして足下には真っ白な砂浜、天気も味方し、完全な南国気分をいただきました!

そして、肝心の波ですが、高さは腰ほどの、うねりを伴うしっかりとした波です。
セットで旨〜肩ほどでした。
※上の動画と比較したら比べものにならないくらい小さい波ですが…。

海へ入ったら、波の流れを読み、タイミング良く波に押してもらうだけ。
水が怖くなければ、思ったより簡単に出来るんじゃないかと思います。

特に、波が崩れる前の頂上付近から滑るように、乗れた時には他では味わったことのない気持ち良さが味わえます。 滑りながら、波に押してもらう…。 う〜ん、文字にすると味気ないですが、これが何ともいえない良い感じなのです。 もっと上手な乗り方はあるんでしょうが、今の自分のベストライディングはそんな感じです。

ボードを使わない為、波を待っている間は、水泳、素潜りタイムとなり退屈することがありません。
この辺はボードを使わない強みですね。
透明度が高いので気分は上がりっぱなし、そのうち、水泳→素潜り→波乗り、なんていう連携技も編み出しつつ、かなりの時間、波で遊ばせてもらいました。

しばらくして、セットのサイズも大分収まってきたため、場所を鍋田浜へ変更しました。
鍋田浜とは、入田浜のすぐ近くにある入り江状の湾です。
凄く穏やかな海で、潜りだけでなく、水面では水泳も楽しめたので、体力作りを兼ね遠泳してみました。
透明度はちょっと低かったです。

その後は、いつもご厄介になる下田の温泉で冷えた体を温め、ゆっくりと帰路につきました。

今度は湘南でボディーサーフィンに挑戦してみようと心に誓ってみました!

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバックURLはこちら↓
http://beach-3dal.com/2009/06/13/body-surfin/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ボディーサーフィン楽しいかも! from ビーチサンダル Beach Sandal

Home > ボディーサーフィン | 旅行 | 素潜り > ボディーサーフィン楽しいかも!

Search
Ad
Others


Feeds
Meta

最上部へもどる