Home > | 素潜り > エチゼンクラゲ襲来

エチゼンクラゲ襲来

echizen1-small 久しぶりに落ち着いた天気となり、陽気に誘われ葉山の芝崎へ潜りに行きました。
そこで、衝撃的な出来事が!
テレビで噂のエチゼンクラゲを間近に見ることが出来ました。
大きさ(クラゲの真上から見た直径)は1m以上あります。
かなりの大きさを感じました。
先頭の写真をクリックすると写真が大きくなり、その大きさを感じていただけると思います。

echizen2-small ちょっと触わってみました。
表面は鮫の肌のようにザラザラとしていて堅いのですが、押してみると、意外と弾力があり、表面が硬化した軟性のゴムを押しているという感じでした。
想像では、ゼリーっぽいプルプルした感触を想像していたため、その違いに驚きました。
クラゲ君には失礼かと思いつつ、ちょっと大きなパンチングボールを叩くかの如く、遊ばせてもらいました。
クラゲ君ゴメン…。

echizen3-small 触手はというと、こちらの写真の通り(クリックすると大きな画像になります。)やはり悪っぽい感じです。
悪い感じとは、明らかに毒があることをアピールしている発色と雰囲気です。
頭の丸い傘の部分だけを見ると、なんだかユーモアがあって可愛い印象ですが、触手部分に関してだけいうと、内蔵を連想するほど気持ち悪いです。
しかし、彼らは何を考えて何を目的に感じ生きているのでしょうか?とても不思議です。
もし、ユラユラと漂いながら世界征服を企み、歳を重ねる毎に体を大きくしているのだとしたら…
ま、どーでも良い話ですね。(笑)
どーでも良いついでに、こんなものを見つけました。
搾りたてジャージ牛乳100%!エチゼンクラゲ入りアイス!なんでも、中にナタデココの変わりにエチゼンクラゲの身が入っているとのこと。
…なんか、微妙ですね。 ちなみに、そんなエチゼンクラゲのアイスを食した勇気ある方のレビューがあります。(拍手!)

kiro-small 結局この日はお昼から夕方まで太陽の光が降り注ぐ限り、目一杯泳ぎまくりました。
水温は20度でした。
海パンスイムが続けられる時間もいよいよ15分程度となってきました。
来週からは冬将軍が到来とのこと。
海パンスイムはそろそろ泳ぎ収めかな?

omake-small 最後におまけ。
小学1年の甥っ子が、地元の絵画コンクールで入選したとのこと。
けーた画伯、おめでとー!
なんか、凄く安定感があって良いねー!

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバックURLはこちら↓
http://beach-3dal.com/2009/10/30/echizen/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
エチゼンクラゲ襲来 from ビーチサンダル Beach Sandal

Home > | 素潜り > エチゼンクラゲ襲来

Search
Ad
Others


Feeds
Meta

最上部へもどる